· 

すごい帯を仕入れました!

 

 すごい帯が手に入りました。

 手引きの箔に、螺鈿の入った袋帯ですが、織り上げた後に箔が2ヶ所裏返ってB反になってしまいました。

 初めは手引きの箔に惹かれて仕入れましたが、よくよく見ると「赤坂迎賓館」の内装をモチーフにしてあるのです!


 お太鼓は「朝日の間」の正面の天井画と、壁画をモチーフにした、柄になっています。

 この、ライオンに鎧兜の画を見て気が付きました。


 前は「花鳥の間」の、壁面に飾られた七宝焼きをモチーフにした柄です。

 この七宝焼きは、下絵を日本画家の渡辺省亭が描き、明治期の七宝焼の天才・涛川惣助が焼いたものです。

 反対側の前には「彩鸞の間」の暖炉をモチーフにした柄になっています。

 「タペストリーにしても良いな」と思い、仕入しましたが、ご希望があれば、お売りします。丸巻の状態ですので、袋帯への加工はこのまま帯屋さんへ戻します。

 お値段は、芯・仕立て代込みで 280000円(税抜)です。

 お電話で、お問い合わせください。(0779)64-5550