· 

お電話ありがとうございます。

 2月14日(土)に横浜のK様から「ホームページを見ました」と、お電話がありました。実は、ホームページを開設してから初めてのお問い合わせで、とてもうれしかったです。と、同時に初めての事で上手く応対できず、K様にはご不満も残ったのではないかと思います。失礼いたしました。

 そのお電話の内容をご紹介して、捕捉させていただきます。


 まず、しけ引き染めのお値段をお問い合わせいただきました。「大野へ直接来てお求めいただく」お値段をお答えしました。税別・お仕立て上がりのお値段です。

 大門屋は総合呉服の小売店ですが「牛首紬」に関しては「卸」でございます。したがって、他の呉服店様に当店の「牛首紬」が出品されることがあります。そうしますと、途中京都や石川の問屋さんを挟みますので、市場価格は大門屋で直接お求めいただくお値段よりも上がります。

 「奥越の小京都・大野」へお越しいただき、お求めいただければ幸いです。大門屋から加藤さんの工場までは30分足らずですので、ご希望であればご案内します。


 また、物産展には出品しないのかとのお問い合わせでした。加藤工場の牛首紬の年間生産反数では、物産展まで手が回りません。白山工房さんのホームページを見ていただきますと、牛首紬の「証紙」の説明がされているかと思いますが、この内、加藤工場の牛首紬に張られている証紙はたった一つです。

 現在、インターネットショッピングでオークション等に出ている牛首紬も、そのほとんどが白山工房さんの商品です。


 K様、お問い合わせありがとうございました。

 これを励みにして、もっともっと魅力あるホームページが作れるように、頑張ります。

                        

コメント: 0