牛首紬 · 14日 5月 2019
日本の夫人向けファッション雑誌のミセス6月号に牛首紬が掲載されました! そちらに加藤改石工場が紹介されています! 加藤改石の牛首紬は日本でも唯一、手引きから機織りまで一貫作業で作られる牛首紬は、残さなければならない貴重な絹の文化です。 明治初期の技術が現在まで変えずに受け継がれた事に驚きです。...
七間朝市 · 11日 5月 2019
2019年11日、12日七間朝市・山菜フードピア開催 地元で採れた天然のウドやワラビ、コシアブラ、タラの芽、旬の味が勢ぞろいしました。 名物の山菜天麩羅は5品で500円と格安で大人気! みんな来とっけの〜
大門屋呉服店 · 05日 5月 2019
今日は、子供の日ですね。 大門屋の店頭の暖簾はオリジナルの鯉のぼりです🎏 インドネシアのジャワ更紗で蝋手描きされたものです。 令和が子供達にとって明るい未来が訪れるように! 大人社会の責任ですね。
七間朝市 · 03日 5月 2019
2019年5月11日(土)・12日(日)に毎年恒例の山菜フードピアが七間朝市通りにて開催されます。
大門屋呉服店 · 17日 5月 2016
夏の簡単襦袢「き楽っく」
  京都・和想小物 衿秀さんの大人気商品「き楽っく」の夏物が入荷しました。  本体は綿と麻の交織で 楊柳の生地になっています。  スカート部分はキュプラにポリエステルが混じっていて サラッとした肌触りです。
牛首紬 · 13日 4月 2016
デパートや呉服展示会に行くと、よく、作家らしき方が実演や講演をされていますが、大門屋は・・・反対です。...
シルクドカフェ · 29日 3月 2016
昔に桑の実を食べた経験のある人は、かなりの高齢者になってしまいましたね。   口の周りが紫に染まって、服に付くとお母さんに落ちないと叱られたものです。 でも、目にはとっても良い薬です。 養蚕農家は薄暗い屋根裏で蚕を飼っていましたが、夜中でもしっかり見えていたのは桑の実のアントシアニンのおかげ。...
大門屋呉服店 · 13日 1月 2016
2月の「節分会」に皆様にお楽しみいただくため、下見に行って来ました。
 年が明けて、京都の問屋さんへ新年のご挨拶。  そのついでに(と言うと、おこられますが)、京都・西陣にある「今宮神社」へお参りに行って来ました。
大門屋呉服店 · 27日 12月 2015
 最近の成人式、ちょっと(いや、もっと)勘違いした方がいませんか? 大人になりきれない「七五三」のような着物を着て、爆発した髪型にハロウィンメイク。はては、帯を前に結んで「花魁」のような・・・。 もう呉服屋でも、この現状は我慢できません。
大門屋呉服店 · 24日 11月 2015
 12月は、大門屋(呉服店の方ね)の決算月です。毎年の事ですが、大野弁で言いますと、「ひっで~あばさけた値段」になっています。  先日ご紹介した縞の着物に名古屋帯。どちらも決算価格10000円。ちょっとオシャレなバックを組み合わせたら、お出かけに最高ですよね!で、ピンクの小紋で可愛く仕上げても、初詣なんかにはピッタリ!...

さらに表示する