大門屋

 

■住所

 〒912-0081

 

 福井県大野市元町9-22

 TEL 0779 (66)2185

 FAX 0779(66)1883

 

(メールアドレス)

   hichiken77@ivory.plala.or.jp

 

■営業時間

  9:00~18:00

 

■定休日

  毎週 火曜日

(その他、臨時のお休みについては、    facebook等でお知らせします)

 

創業200年 大 門 屋

 奥越の小京都、越前大野にお店はあります。

 創業200年の年を迎える大門屋は、総合呉服の他に、先代よりご縁をいただき、石川県・白山市(旧:白峰村)に伝わる「牛首紬(うしくびつむぎ)」を守るお手伝いと、卸・製作販売をしています。

 ぜひ、大野へお出かけいただき、本物の「牛首紬」にふれて、あなたの眼でお確かめください。あらかじめお電話いただければ、店主が詳しくご説明いたします。

 お待ちしております。

大門屋11代店主 : 髙橋 弘直

 着物って「ほんもの」と「にせもの」の見分けがつきにくいものですね。呉服屋さんでも「?」です。何でも鑑定団で着物が鑑定されないのも、価格を鑑定できる人がいないからなんです。大門屋のモットーは「ほんもの」だけを販売する事です。

 牛首紬の歴史を研究し、その関連で繭や絹糸を勉強しました。「絹のプロとして商品を見極め、にせものを販売しない!」この姿勢を貫くことが、本当の呉服屋の使命と考えています。

 それは「ほんもの」を次世代に残すため・・。「にせもの」を売ったら「にせもの」が「ほんもの」とすり替わって残ってしまいます。でもね!真面目に作られた「ほんもの」の方がそれを扱う人間も真面目なので、かえって安いんですよ。世の中って、そんなもんじゃないでしょうか?